東海大相模は1―1の延長十一回、1死二塁から大塚の右前打で勝ち越し、柴田の適時二塁打で3点目を加えた。投手陣も踏ん張った。先発の石川は八回に同点とされたが、テンポのいい投球で1失点。九回から救援した石田も力のある直球で7三振を奪った。

 東海大甲府は左投げの若山が内外角をうまく突いて1点に抑えていたが、十一回につかまった。