西武は2年目の浜屋が6回1安打無失点と抜群の仕上がりを見せた。中村は五回に中前へ適時打を放つなど2安打を放ち、左ふくらはぎの故障から順調な回復をアピールした。ヤクルトは田口が6回を6安打2失点で4三振を奪った。