天理は達が6安打で1失点完投した。長身から伸びのある速球で打者を押し込み、10三振を奪った。打線は二回に木下の適時三塁打と達の適時打で2点を先行。七回には失策に乗じ、政所の2点打と内山の2点二塁打で4点を加えた。

 宮崎商は一、二回の得点機を逃したことが響いた。日高は丁寧にコースを突く投球だったが踏ん張り切れなかった。