鳥取城北が五回に5連打などで逆転した。0―1の五回1死一、二塁から、中木村のバント安打が失策を誘い2者が生還。さらに畑中の中前打で加点した。九回は松田、中木村の連続三塁打など3得点で突き放した。広田は緩急を使い、2失点完投。

 三島南は植松が五回に自らの悪送球もあって崩れた。打線はつながりを欠いた。