【アンカレジ共同】ブリンケン米国務長官と中国の楊潔チ・共産党政治局員は19日(日本時間20日)、アラスカ州アンカレジでの2日間の会談を終えた。人権問題や台湾問題などで双方の主張は平行線をたどった。ブリンケン氏は記者団に「米国や同盟・友好国の重大な懸念を伝えた」と強調。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国船による領海侵入などが念頭にあるとみられる。気候変動や北朝鮮を巡る問題では協力が可能だとの認識で一致した。

 バイデン政権発足後初の米中外交トップの会談で、新たな関係構築を目指す双方が可能な分野で協力を模索する一方、譲れない分野で互いに妥協しない姿勢が明確になった。