半導体大手ルネサスエレクトロニクスは19日、自動車向け半導体などを手掛ける那珂工場(茨城県ひたちなか市)で火災があり、一部の施設で生産を停止したと発表した。すでに鎮火。出火原因は不明で、けが人はいなかった。火災があった施設の生産再開のめどは未定としている。

 同社によると、火災は19日午前2時47分ごろに発生し、午前8時12分ごろに消防が鎮火を確認した。半導体は世界的に需給が逼迫しており、増産が急務となっている。