【アトランタ共同】米国のバイデン大統領とハリス副大統領は19日、アジア系女性6人を含む計8人が死亡する連続銃撃事件が起きた南部ジョージア州アトランタを訪れ、住民らと対応策を協議した。事件が憎悪犯罪(ヘイトクライム)だった可能性を含め捜査が続く中、バイデン氏は「米国はヘイトを許さない。沈黙は共犯になるのと同じだ」と演説し、差別撲滅の決意を示した。

 正副大統領がそろって首都ワシントンを離れ、特定の懸案について住民らと対話するのは異例。

 バイデン氏は演説でヘイトや差別の高まりを「食い止めなくてはならない」と述べ、対策法の早期成立を議会に促した。