阪神の開幕投手の藤浪は制球がばらついたが、変化球をうまく絡め、4回1失点と崩れなかった。マルテが粘り強く4四球を選んだ。オリックスの山本は球威、切れともに優れ、5回1失点。開幕に向け、順調な仕上がりを示した。