【シンガポール、北京共同】マレーシアが米国に北朝鮮の男を引き渡したことに北朝鮮が反発し、外交関係を完全に断絶すると宣言したことについて、マレーシア外務省は19日、「極めて遺憾」との声明を出し、在クアラルンプールの北朝鮮外交官に48時間以内に退去するよう求めた。

 マレーシアは声明で、北朝鮮の宣言を「非建設的で非友好的」と非難。米国に引き渡されたムン・チョルミョン被告は50代で、資金洗浄や武器取引などに加担したとされる。声明は司法と正規の手続きに従って引き渡されたと強調。「マレーシア政府に対して司法に介入させようとする北朝鮮の姿勢は受け入れられない」とした。