大相撲春場所6日目(19日・両国国技館)3大関は朝乃山が若隆景を力強く寄り切り、1敗を堅持した。かど番の貴景勝は志摩ノ海を押し出して4勝目。正代は明生に寄り切られ、元気なく3連敗で4敗目を喫した。

 両関脇はともに1敗をキープ。大関復帰を目指す照ノ富士が霧馬山をつり出し、隆の勝は阿武咲を寄り切った。小結対決は高安が御嶽海を下して5勝目。

 妙義龍が敗れて全勝が消え、1敗は朝乃山、照ノ富士、平幕千代の国ら計6人となった。6日目終了時点で勝ちっぱなしがいないのは昨年秋場所以来。