日本サッカー協会は19日、東京五輪世代のU―24(24歳以下)による国際親善試合2連戦でアルゼンチンと対戦する日本代表に久保建(ヘタフェ)や堂安(ビーレフェルト)三笘(川崎)ら23人を選出した。第1戦は26日に東京・味の素スタジアム、第2戦は29日にミクニワールドスタジアム北九州で行われる。

 昨年1月のU―23アジア選手権以来の実戦で、東京五輪へ再スタートを切る。森保監督は活動が重なるフル代表に専念するため、代役を務める横内監督がオンラインで記者会見し「五輪に向けた貴重な強化試合。新型コロナウイルス禍の中で開催していただき、感謝したい」と述べた。