ヤクルトは山田が四回にオープン戦1号2ランを放ち、開幕に合わせて調子を上げてきた。西浦は3号満塁本塁打で遊撃手争いでアピールした。小川は六回途中まで3失点。楽天は涌井が四回途中まで8失点と乱れ、不安を残した。