仙台育英は2人の継投で1安打に抑え、二回に遠藤の左前打で挙げた1点を守り切った。先発した左の古川は緩急を使い、四回途中までしのいだ。救援した右の伊藤は力のある直球を軸に安打を許さず、反撃の機会を与えなかった。

 明徳義塾は代木が粘って投げたが、打線が沈黙。四回1死一、三塁の唯一の好機は連続三振だった。