神戸国際大付は2―2の延長十回、1死満塁から関の適時打でサヨナラ勝ちした。六回に2死からの3連続安打で1点差とすると、九回に坂本の本盗で追い付いた。投手陣は小刻みな継投でしのぎ、逆転に結びつけた。

 北海は二、五回に1点ずつを挙げて、試合の主導権を握った。木村も好投していたが、後半につかまった。