和歌山県警は19日、同県北部の駐在所に勤務する20代の男性巡査長が昨年12月、実弾入りの拳銃や手錠などを保管庫に入れず、事務室に約17時間放置したとして戒告処分とした。このうち少なくとも4時間ほどは駐在所に誰もおらず、施錠もされていなかった。

 県警によると、巡査長は昨年12月27日、外出先から駐在所に戻って勤務を終えた午後6時15分ごろから翌28日午前11時20分ごろまで、拳銃などを制服ごと事務室の椅子にかけて放置した。28日は非番で午前7時から外出し、パトロール中の別の警察官が駐在所に立ち寄った際、拳銃などが事務室の床に落ちているのを発見した。