【アンカレジ共同】ブリンケン米国務長官と中国の楊潔チ・共産党政治局員が18日(日本時間19日)、米アラスカ州アンカレジで会談した。ブリンケン氏は、人権や安全保障、経済面での中国の行動に「深刻な懸念」を伝え「秩序を脅かしている」と批判。楊氏は新疆ウイグル自治区や香港、台湾を巡る米国の主張に内政干渉だと反発し、冒頭から激突した。バイデン政権発足後、米中外交トップによる対面の会談は初めて。

 ロイター通信によると、冒頭数分が一部メディアに公開される予定だったが大幅に超過し、米中双方が1時間以上も公開の場で激しく批判し合う異例の展開となった。