第93回選抜高校野球大会は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で、入場者の上限を1試合1万人とするなど、コロナ感染防止対策を講じて開幕した。昨年はコロナ禍で選抜大会と、夏の全国選手権大会が中止となった。選抜大会開催は2年ぶり。32校が13日間(休養日を含む)の熱戦を繰り広げる。

 開会式は簡素化され、この日の3試合に臨む6校だけが参加。外野から内野に向かって1校ずつ行進し、残りの26校は事前に撮影した行進の映像が大型ビジョンに映し出された。

 仙台育英の島貫丞主将が選手宣誓。東日本大震災に触れ「私たちが新しい日本の力になれるように歩み続けます」と思いを込めた。