バドミントンの全英オープン第2日は18日、英国のバーミンガムで各種目の2回戦が行われ、ダブルスで女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はフランスのペアを2―0で下し、準々決勝に進んだ。

 混合で3年ぶりの優勝を狙う渡辺勇大、東野有紗組、金子祐樹、松友美佐紀組(ともに日本ユニシス)も8強入り。

 今大会は強豪の中国、韓国、台湾勢らが不参加で、実力者がそろうインドネシアも新型コロナウイルスの影響で全選手が棄権となった。(共同)