【アムステルダム、ローマ、パリ共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は18日の声明で、接種後に血栓などの症状が報告された英医薬品大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて「効果が危険性を上回る」との調査結果を公表した。クックEMA長官は記者会見で、同ワクチンは「安全で効果的」だと述べた。

 これを受け、EU主要国のドイツ、フランス、イタリアはアストラ製ワクチンの使用を19日に再開すると発表した。

 クック長官はワクチンと血栓が関係している可能性があるまれなケースを排除できないとし調査を続けると述べた。