アフリカのコンゴ(旧ザイール)に生息する霊長類ボノボの野生の雌が、自分の群れの外から来た子どもを受け入れ、養う様子を2例観察できたと、京都大の徳山奈帆子助教(霊長類学)らのチームが18日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。人間に近い大型類人猿で集団を超えた“養子”が確認されるのは初という。

 他の群れと敵対したり雄が子どもを殺したりするチンパンジーと違ってボノボは穏やかで、雌は子ども好きが高じて誘拐することもある。徳山さんは他集団から養子を迎える行動について「一見メリットはないが、知らない個体も助ける寛容さが原因ではないか」と推測する。