【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は18日午後、大統領府でブリンケン米国務長官らと面会し「韓日関係は朝鮮半島の平和と安定、繁栄に非常に重要で、韓米日協力でも強固な土台だ」と指摘、「韓日両国の関係修復に向けて努力を続ける」と述べた。米側は「進展があることを期待する」と伝えた。韓国大統領府が明らかにした。

 文氏が具体的な措置を取り懸案の歴史問題を進展させるかは不透明だ。日米韓で連携して中朝と対峙する方針を鮮明にしたバイデン政権に呼応する姿勢を見せながら、北朝鮮との対話も促したい思惑がありそうだ。文氏は「政権発足とともに始まった同盟の修復を歓迎する」とも述べた。