国内で18日、新たに1499人の新型コロナウイルス感染者が確認された。緊急事態宣言の解除が決まった首都圏は、東京323人、神奈川160人、千葉122人、埼玉115人。前日との比較では、東京と埼玉は減少したが、千葉と神奈川は増加した。首都圏以外では、独自の緊急事態宣言を出した宮城は98人、北海道は96人、大阪は141人など。

 死者は東京12人、千葉6人など計32人が報告された。厚生労働省によると、重症者は325人で前日より10人減った。