大和証券は18日、ITや金融の専門知識を持つ人材を対象に初任給を月40万円以上とする報酬体系を設けると発表。高い専門性を持つ人材を確保するには高額の報酬を支払う必要があると判断した。

 総合職の一つのコースで、新卒では大学院修了者向けに2022年4月入社の採用枠で案内を始めた。このコースの人数は、21年度以降に現役社員の中から適用対象になる人なども含め30年度ごろには全体の5%に当たる500人程度とする計画。一般的な総合職は初任給25万5千円。

 このコースの場合、会社の自己資金で取引する部門のトレーダーでは能力次第で年収5千万円となる可能性があるという。