1964年東京五輪の体操女子団体総合銅メダリストで、参院議員として国家公安委員長などを務めた小野清子(おの・きよこ)さんが13日、死去した。85歳。秋田市出身。骨折の治療で入院中に新型コロナウイルスに感染し、治療を受けたが容体が急変した。自民党が18日、発表した。

 体操男子五輪金メダリストの小野喬さんと夫婦そろって60年ローマ、64年東京両五輪に出場した。61年に長女、63年に長男を出産。東京五輪ではともに日本のママさん選手の先駆けとなった池田敬子らと体操女子で日本史上唯一のメダルを獲得した。

 86年に参院選で初当選し、計3期務めた。