NTTは18日、総務省幹部への接待に関する事実関係や原因を解明する特別調査委員会で、歴代総務相をはじめとする政務三役など政治家との会食も調査対象に含めると明らかにした。当初は一般的な意見交換で法的な問題はないとして、対象としない方針だった。

 委員会はNTTの社外取締役である榊原定征前経団連会長を委員長とし、検察OBら法律の専門家を加えた計4人で構成。16日に初会合を開いた。総務審議官を更迭され辞職した谷脇康彦氏らを含め、既に明らかになっている5件以外に接待がなかったかどうかも調べ、会社側に対応を提言する。