【北京共同】北朝鮮の崔善姫第1外務次官は17日付の談話で、米国側が2月中旬から複数のルートで接触を働き掛けてきたとした上で、「時間稼ぎに応じる必要はない」と述べ、敵視政策を撤回しない限りいかなる接触や対話にも応じないとの立場を強調した。朝鮮中央通信が18日伝えた。

 バイデン米政権が北朝鮮に対する強圧的な姿勢を維持し、米韓合同軍事演習を繰り広げたと非難。ブリンケン国務長官の日本での発言にも反発し「米国が敵視政策を引き続き追求する中、われわれが何をするかよく考えるべきだ」とけん制した。