【ワシントン、モスクワ共同】バイデン米大統領は17日放送のABCテレビのインタビューで、ロシアのプーチン大統領は人殺しだと思うかと問われ「そう思う」と述べた。ロシア反体制派ナワリヌイ氏の毒殺未遂などが念頭にあるとみられる。猛反発したロシア外務省は17日、アントノフ駐米大使を協議のため一時帰国させると発表した。

 ロシアへの弱腰ぶりを批判されたトランプ前米政権とは変わり、バイデン政権は人権などを重視し、より強硬な姿勢を示している。 サキ米大統領報道官は17日の記者会見で、バイデン政権はロシアに対してトランプ前政権とは「違うアプローチを取る」と指摘した。