ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で任天堂の人気キャラクター「マリオ」などが登場する新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が18日午前に開業する。ゲームに登場する建物やキャラクターを忠実に再現し、子どもから大人まで全身を使ってマリオの世界観を体感できるようにした。

 17日の報道陣向け内覧会では、新エリアの演出を初めて公開。他のエリアから入り口となる緑色の土管を通り抜けるとクッパ城やピーチ城といったおなじみの景色が広がる。各所にハテナブロックが置かれ、専用バンドを手首に巻いてたたくとコインがスマートフォンにたまり、獲得数を競うことができる。