台湾プロ野球(CPBL)で17日、味全の田沢純一投手が台中市で行われた中信兄弟戦でCPBL初登板を果たした。4―0の九回に投げ、1回を1安打無失点でチームの今季初勝利に貢献した。

 田沢は米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した後、昨季は独立リーグ、ルートインBCリーグ埼玉でプレー。昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名されず、味全入りした。(共同)