カーリング男子で来年の北京冬季五輪出場枠獲得を目指し、世界選手権(4月2日開幕・カルガリー)に出場するコンサドーレが17日、札幌市で練習を公開した。スキップの松村雄太は「調整は進んでいる。メダルを持って帰れればいいなと思っている」と話した。

 この日の練習では実戦の場面を想定し、さまざまなショットを投じた。

 新型コロナの影響で、世界選手権は会場とホテルの行き来だけが可能な「バブル」方式で実施される。

 リードの阿部晋也は「この1年、それに近い過ごし方をしてきたので、あまり心配していない。(上位に入り)北京五輪の出場権もしっかり取っていきたい」と語った。