将棋の渡辺明棋王(36)に糸谷哲郎八段(32)が挑戦していた第46期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第4局は17日、東京都渋谷区の東郷神社で指され、午後5時8分、98手で後手の渡辺棋王が勝ち、3勝1敗で9連覇を達成した。タイトル獲得は谷川浩司九段(58)を抜き、単独4位の通算28期となった。

 渡辺棋王は14日に王将を防衛したばかりで、2020年度は名人と合わせて三冠で終えた。タイトル戦9連覇は、04~12年の竜王戦と並び自己最多。棋王戦の今シリーズは開幕局こそ落としたが、その後は3連勝で豪腕と呼ばれる挑戦者を押し切った。