加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、新型コロナウイルスに関し、フランス当局が北西部ブルターニュ地方で新たな変異株を発見したと明らかにした。病院で発生したクラスター(感染者集団)79人のうち8人から見つかった。新型コロナの症状が出ている一方、PCR検査は陰性だったという。

 加藤氏は「厚生労働省が各国や世界保健機関(WHO)と連携して情報収集、分析を進めている。水際対策、監視態勢を強化する」と述べた。