【ニューデリー共同】ミャンマーで抗議デモを続ける市民への発砲を命じられ、拒否して隣国インドに避難する警察官らが相次いでいる。ロイター通信は17日までに、400人以上がインドに越境したと伝え、上司から「(デモ参加者が)死ぬまで撃て」と指示されたと証言する警察官も。収まる気配のないミャンマー国軍への抗議に「軍はいらつき、さらに残忍になっている」という。

 証言によると、ミャンマー北部ザガイン地域で勤務していた男性(27)は2月末、デモを解散させるため短機関銃で撃つよう命じられたが拒否。「他に選択肢はない」と現地に家族を残し、ミゾラム州へ越境したという。