広島は床田が4回1安打無失点、中村祐が4回2安打無失点で5三振と好投し、ともに先発入りへアピールした。ヤクルトは石川が3回8安打9失点と打ち込まれた。宮台は1回を完璧に抑えて1軍生き残りに向けて前進した。