LINEの利用者の個人情報が、中国の関連会社の技術者から閲覧可能な状態になっていたことが17日、分かった。同社が利用者に開示しているデータの取り扱い方法に関する指針では、海外からのアクセスについて十分に説明していなかった。対応に問題があったとして政府の個人情報保護委員会に報告した。近く外部の有識者らでつくる第三者委員会を設置し、経緯や実態を調査する。

 閲覧できた情報には名前や電話番号、メールアドレスのほか、利用者が不適切だとしてLINEに通報した会話内容が含まれていた。通常の会話は暗号化されており、読めないという。閲覧可能な状態は既に解消したとしている。