【ロンドン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンが16日発表した2020年12月期決算は、純利益が前期比38%減の83億3400万ユーロ(約1兆1千億円)だった。売上高も12%減の2228億8400万ユーロ。新型コロナウイルス感染拡大による自動車需要の落ち込みが業績を直撃した。

 ロイター通信によると、ドイツ国内の工場で最大4千人の人員削減を計画。世界の従業員数は67万人という。VWは23年までに20年比で固定費を20億ユーロ抑えるといったコスト削減計画も示した。