日本高野連は16日、第93回選抜高校野球大会の開幕を前に、新型コロナウイルス感染症対策として実施したPCR検査で、出場32校の選手らチーム関係者計1057人全員の陰性が確認されたと発表した。大会は19日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

 検査の対象は選手18人、部長、監督、補助員ら1校につき計27人に加え、練習補助員などとして各校が追加した計193人も含まれる。1回戦に勝利したチームは原則、試合の翌日に再び検査を受ける。開幕後に出場が不可になった場合は相手校の不戦勝となる。