神奈川県は16日、新型コロナウイルスの変異株感染者2人の死亡を確認したと発表した。変異株感染者の死亡が確認されたのは、国内では初めて。

 県によると、70代と50代の男性で、いずれも今月、ウイルス感染症による肺炎で死亡した。50代男性は死後に感染が分かった。2人に接点は確認されておらず、感染経路は分かっていない。海外滞在歴もないという。どの国に由来する変異株かは不明で、国立感染症研究所に依頼し、特定を進める。

 70代男性は、新型コロナ感染が判明して入院。50代男性には高血圧などの基礎疾患があった。