好調な阪神の新人、佐藤輝明が四回にオープン戦5号となる2ランを右越えに放った。西勇輝は制球が良く、5回2失点。ヤクルトは先発候補のスアレスが3回6失点と不安を残した。20歳の浜田は適時三塁打と2ランでアピールした。