右膝負傷で5場所連続休場となった大相撲の横綱白鵬の専属トレーナーを務める大庭大業氏が16日、報道陣の電話取材に応じ「(1月の新型)コロナ感染後から急に(右膝に)水がたまりだし、(それ以降)慢性的にたまった。炎症が治まらないのは初めての経験」と状況を説明した。

 大庭氏によると、白鵬は1月25日に土俵で四股を踏み始めた。同31日に初めて右膝の違和感を訴え、痛みが引かなかったため2月1日に水を抜いた。その後も大きくは改善せず、春場所2日目の15日までに計9回も水を抜いたといい「万全ではないものの(出場に)何とか間に合わせたが、再び悪化してしまった」と明かした。