兵庫県宝塚市は16日、2019年5月から20年9月までの約1年4カ月間、夜間の勤務時間中にスマートフォンでオンラインゲームをしていたとして、同市西消防署の隊員8人を停職や減給などの懲戒処分とし、監督責任がある消防長ら7人を文書厳重注意としたと発表した。処分は15日付。

 懲戒処分を受けた8人のうち、消防司令補の男性隊員(35)は主導的にゲームをしていたほか、調査の過程でパワーハラスメントも判明したとして、停職1カ月と2階級降任とした。ほかは、別の消防司令補の男性隊員(45)が減給3カ月(10分の1)、残り6人は訓告処分。