【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が15日、世界全体で1億2千万人を超えた。1週間当たりの新規感染者数は2月下旬に下げ止まってから再び増加に転じており、世界保健機関(WHO)は警戒継続を呼び掛けている。死者は265万人を上回っている。

 WHOの集計では、1週間当たりの新規感染者数は1月10日付で過去最多の495万人に上り、その後は6週連続で減少。2月21日付で245万人にまで減ってから増加に転じ、直近では300万人を超える見込み。変異株の流行に加え、各国で規制措置が段階的に解除された影響が出たとみられる。