福岡県田川市の駐車場に止まっていた乗用車内で14日夕、近くに住む無職女性(37)と、女性の子ども3人の遺体が見つかった。県警が15日に発表した。死因はいずれも急性一酸化炭素中毒で、車内には女性の遺書のようなもの2通のほか、しちりんと使用済みの練炭があった。県警は、女性が無理心中を図ったとみて捜査している。

 県警によると、子ども3人は小学5年の長女(11)と小1の長男(7)、未就学の次女(2)。遺書とみられる書き置きには、子育てや生活への不安が記されていた。

 長女は約1年前から仕事で東京にいる父親の元で生活し、約2週間前から女性宅に遊びに来ていたという。