スノーボードのパーク系種目の世界選手権は14日、米コロラド州アスペンでビッグエアの予選が行われ、男子は12日のスロープスタイルで5位に入った浜田海人(ムラサキスポーツ北海道)が1組3位、飛田流輝(日体大)が同4位で、上位12人による16日の決勝に進んだ。国武大晃(STANCER)は全体43位、大塚健(バートン)は同44位で予選落ちした。

 女子は岩渕麗楽(バートン)が4位、村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が5位、鬼塚雅(星野リゾート)が7位に入り、上位8人で争う決勝に進出。浅沼妃莉(ムラサキスポーツ北海道)は19位で落選した。(共同)