アイスホッケーの全日本女子選手権は14日、札幌市月寒体育館で行われ、決勝は道路建設ペリグリンが延長を終えて2―2からのペナルティーショット(PS)戦でトヨタシグナスに競り勝ち、2019年に続く20度目の優勝を果たした。昨年大会は新型コロナウイルスの影響で中止された。

 トヨタシグナスは14年以来2度目の準優勝。第3ピリオドに2失点して追いつかれ、初優勝を逃した。

 3位決定戦は西武がダイシンに6―1で快勝した。