将棋の第70期王将戦7番勝負の第6局は13、14の両日、島根県大田市で指され、千日手指し直しの末、先手の渡辺明王将(36)が113手で挑戦者の永瀬拓矢王座(28)を破り、対戦成績4勝2敗で3連覇を飾った。これでタイトル獲得は通算27期となり、歴代4位の谷川浩司九段(58)と並んだ。

 渡辺王将は名人、棋王と合わせて三冠を維持した。ダブルタイトル戦の棋王戦5番勝負では第3局を終え、2勝1敗とリードしている。王将戦の今シリーズはタイトル3期獲得の強者が相手だったが、入念な準備と巧みな勝負術で押し切った。

 永瀬王座の王将初獲得は、ならなかった。