ヤクルトは先発候補の2人が課題を残した。奥川は三回途中まで5安打3失点。田口は3回1失点も、本来の切れや制球力を欠いた。宮台が好救援し、浜田も2安打と好調。中日は平田が3ランを含め、4度出塁と調子を上げてきた。