和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」はホワイトデーの14日、2歳の雌のジャイアントパンダ「彩浜」に手作りの竹筒製給餌器をプレゼントした。竹筒の数カ所の穴から動物用ビスケットが飛び出す仕組みで、おいしそうに食べていた。

 竹筒は直径約15センチ、長さ約50センチ。彩浜が、屋外運動場の木にロープでつるされた給餌器を抱えて振り回すと、中に入れてあったビスケットが飛び出し、しばらくしてから口に運んでいた。

 飼育スタッフの宮下透さん(25)は「自分でおやつを探すのに頭を使うので新しい刺激を与えられ、行動の選択肢も増える」と話していた。