スノーボードのパーク系種目の世界選手権は13日、米コロラド州アスペンでハーフパイプ決勝が行われ、男子は19歳の戸塚優斗が96・25点で初優勝した。日本勢では2009年大会の青野令以来、2人目の快挙。

 前回大会銀メダルの戸塚は4連覇を狙ったスコット・ジェームズ(オーストラリア)に5・75点の大差をつけて圧勝。片山来夢は36・25点で9位だった。

 女子は初出場の冨田せなが86・50点で4位に入った。17年大会銀メダルの松本遥奈は77・25点で5位。18年平昌冬季五輪覇者のクロエ・キム(米国)が93・75点で2連覇した。