アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は13日、スウェーデンのオーレで女子回転第8戦が行われ、世界選手権金メダルのカタリナ・リーンスベルガー(オーストリア)が合計1分47秒93で1回目2位から逆転し、W杯初勝利。世界選手権で10位に入った24歳の安藤麻(日清医療食品)は合計タイム1分52秒76で28位だった。1回目は55秒31で22位につけたが、2回目に57秒45で順位を落とした。

 1回目首位だったミカエラ・シフリン(米国)が0秒72差で2位、ウェンディ・ホルデナー(スイス)が3位だった。(ベルリン共同)